気まま絵日記

気ままに描いた絵をのせています。

上野公園

上野公園

先日19世紀にイギリスから興ったデザイン運動「アーツ&クラフツ」展に行ってきました。
ウィリアム・モリスを中心に280点からの展示品がありました。
全てに、美しさを求めて、ありとあらゆることに万能だったウィリアム・モリスの実績は素晴らしいものだったのでしょうが、果たして人生にとって幸せだったのかしら?と考えさせられました。

端正にデザインされたものばかりで興味深く廻覧してきました。

スケッチは正面に東京国立博物館が見える上野公園です。

☆セヌリエ24.5*10.5
  1. 2009/01/31(土) 01:17:54|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくら並木

さくら並木

地元のさくら並木です。
冬枯れの枝振りですがそれも美しいですね。


寒いけれど、徐々に春に向かっているのを感じるこのごろです。
暖かくなるのが楽しみですね。

☆ラングトン F4
  1. 2009/01/29(木) 01:20:21|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜明け

夜明け
夕方よりやはり、夜明けの方が元気がでそうですね(^-^)

これから仕事にはいるのでしょうか?徹夜だったのでしょうか?
街の明かりがところどころ灯っています。
次第に明るい光が空全面に広がってきます。
まだ静かな都会です。
これから、にぎやかに街に活気がみなぎってきます。

☆アルシュ 荒目 F6
  1. 2009/01/25(日) 13:48:55|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すずかけの木

すずかけの木
すずかけの木です。
ロマンティックな名前ですね。昔懐かしい・・・
別名プラタナスです。
鈴のような木の実がいっぱいつくのでこの名前を命名されたようです。

木肌がとても美しい!!
日比谷公園前の絵を描いて直ぐ前にこの大木が・・・
うっすらとした日の光をうけて、空に向かってしっかりと建っていました。

☆ラングトン F6
  1. 2009/01/23(金) 00:18:28|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風景画教室3(44回目)

日比谷
今日の教室は日比谷公園です。
ほとんど、日が差さない寒そうな冬枯れの公園風景。
春の頃には、花も咲き、緑いっぱいの公園でしょうが、今日は本当に寒そうな冬の都会の公園。
それでも都会のオアシスは人通りは絶えません。
そんな風景を描きたかったのですが、焦点のない絵となりました(^^;
#絵って難しいなあ!!と思うこの頃。

もっと楽しみながら描かなくては・・・・

向こうに見えるのは昔からある日比谷公会堂。でも決してこの建物を描きたいという訳でなく・・・

☆ラングトンF6
  1. 2009/01/22(木) 16:55:43|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水彩人講習会

静物画
同じお教室の方からのお勧めで、『水彩人』の研究会に参加してきました。
突然のことで、知識もなく参加いたしましたが、
やはり素晴らしかったです。
その日の講師の先生は橘史郎先生
先生の絵を描くにあたっての心構え、
描き方、構図のとり方、物の見方などをお話しながら、先生と生徒が対象物を描くやりかたです。

なにしろ始めてのことですので、どうしてよいか?うろうろ(^^;

先生のおっしゃることとは程遠いのですが、とりあえずアップします。
描きたかったのは目の前にある静物にあたる光ですが・・・・
#まあちょっとひどいでしょう?(^^ゞ

今回橘先生がおっしゃたことで一番印象に残ったのは、
しっかり観ると言う事。
愛情あふれる目で観る事。
観るとは、あるがままに描くということでなく、
絵としてのバランスが成り立っているか?ということで
色、形、位置などのバランスを常に考えながら描かれるそうです。
中心線、/2、1/3の位置線や黄金比の位置線など 予め、薄く線をいれておかれるそうです。
とても数学的に構図を考えられていて驚きました。
#もっと様々なことを考えて、絵も描かないといけないのですね(^^ゞ

☆WATER FORD W F8
  1. 2009/01/19(月) 14:14:41|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小石川後楽園

小石川後楽園
今回の教室では2枚描きました。
冬枯れの小枝の美しさです。

☆WATER FORD W F6
  1. 2009/01/17(土) 00:00:40|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

風景画教室2(43回目)

小石川後楽園
今日は寒波の中の風景画教室です。
出来るだけ暖かい装備と重ね着をして出発です。
この小石川後楽園、隣に東京ドームが公園越しにみえます。

そんなに広くはないのですが、とても良く出来ていて、雰囲気は抜群です。
今は蝋梅の良い香がただよい、冬さくらも咲き、寒牡丹も大輪の花をつけていました。

寒いけれど、もう日1日と春に向かっているのを感じながらの教室でした。
この寒さももう少しですね(^^)

カモがたくさん群れをなして暖かい公園の日差しの中泳いでいました。
むこうに雪つりの囲いが見えて風情を感じてこの場所を描いてみました。

☆ファブリアーノ F6

ろうばい
ほのかな春の香のろうばいです。


ふゆさくら
可憐なちいさな花を咲かせている冬さくらです。
かわいい美しさですね。

冬牡丹

冬ぼたん
寒ぼたんです。
こんなに寒い時期に立派な花を咲かせているの感動です。

鯉
日溜りの池には鯉がたくさん泳いでました。
鯉も日向ぼっこするのですね。
1匹だけ赤い緋鯉いるのも絵になります。
これってやはり意図しているのでしょうか?
とても印象に残りました。
美しい構図ですね。


おべんとう
ところでお昼をこの公園の入り口の極徳亭美都屋というところでいただきました。
これで630円です。その上窓が大きく外の景色もご馳走というすてきな食事どころです。
桜のころとか、紅葉のころなどは特にお勧めですね(^^)
  1. 2009/01/16(金) 12:34:41|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静物

ゆずと千両
このところ寒いですね。
お正月の疲れがでたのか?少し元気がありません。
早く春にならないかしら・・・・
冬の静物です。

☆ラングトン F3
  1. 2009/01/14(水) 00:44:25|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風景画教室1(42回目)

富岡八幡宮
今年初めての風景画教室は門前仲町の富岡八幡宮です。
たくさんの参拝者で大変なにぎわいです。
有名どころの企業が厄払いのお払いをお願いしているのでしょうか?
放送でその順番を流しているのがとても印象的でした。
このところの不況のせでしょう。神頼みでもしたくなるのでしょうかね。

私もお参りをしてきました。絵がうまくなるように・・・
神頼みです(^^ゞ

☆WATER FORD W  F8
  1. 2009/01/08(木) 02:12:48|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日の出

日の出

ふるさとでの日の出です。
まだこの美しさを表現できるようにはなるにはもっと頑張っていかないといけないと、心新たにしています。
絵を描ける環境にいることに感謝しつつ・・・

☆WATER FORD W F8
  1. 2009/01/06(火) 12:12:55|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けまして、おめでとうございます。

2009元旦日の出
2009年元旦日の出

今年も早いもので、もう3日になります。

昨年から、社会情勢が不安の中
新年を迎えましたが、
今年は、平穏な年であって欲しいと願いながら元旦の朝日を望みました。

#私事ですが、今年は父が米寿、伯母が米寿、母が傘寿で、
ささやかながら、元旦に、近しい人が集まってお祝いが出来ました。
田舎の人で派手なことが苦手なので、そっと用意して、サプライズの祝いです。
集まった人が皆、喜んで幸せな笑顔が見えたことがとても嬉しかったです。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2009/01/03(土) 16:29:11|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

fuefukisan

Author:fuefukisan
フルートと水彩画を趣味にするおばさんです。
フルートは地域のアンサンブルの会に所属。とにかく、邪魔にならないようそっと吹いています(^^ゞ
絵の方は初めて6年くらい。4年前から風景画教室で生まれてはじめて絵を習い始めました。
楽しい反面、何を目標として絵をえがいているのか、悩みもでてきました。
ただ、絵を描ける幸せもかみ締めています。

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する