気まま絵日記

気ままに描いた絵をのせています。

台風は過ぎました😅👍

この夏のイベントは全て終了。
娘達はパリに帰って行きました。

この2カ月はまるで台風のようで、
その被害がないよう、あちらを直し、こちらを補修し、やっと通り過ぎました😉

ギグラ カツァラヴァのリサイタルとレクチャーコンサート、どちらも満席、大好評で終える事が出来ました。沢山の方々にお世話になりました。

カツァラヴァも皆さんに喜んで頂いた事を肌で感じ、ご機嫌で帰国致しました。
ホッと一息です。

どうも皆様ありがとうございました。

今回のリサイタルは、私達の素人企画で、
当日になっても大騒ぎです。
ピアノの椅子の高さが合わない。動かないとか
ピアニストが汗かきで、本番前にシャワーを浴びたいとか、、、とにかく本番前のピアニストはかなりナイーブ。
会場整理、スタッフの配置、アナウンス、諸々の管理以外の事、孫達の世話も加わり、テンヤワンヤ、、
結局、ピアニストのシャワーの件はネットで銭湯を探し出し、直前に連れて行く。椅子の高さに至っては我が家のボロ椅子を持っていったりしたのですが、調律師さんが木を切って脚を足してくれるという荒技で解決。素晴らしい調律師さんでした。彼も、カツァラヴァの演奏に大感動してくれました。
レクチャーリサイタルの時の調律師さんもあのピアノであんな美しい音色が出るのだと大感動されたそうです。
またリサイタル会場の受付の方もリハーサルの時彼の演奏を聴いて、是非本番も聴きたいとチケットを買って下さいました。毎年ここでリサイタルをして欲しいのと要求込みで、、
また友人がこんなコメントを書いてくれました。
#今日は友人の婿様のキグラ.カツァラヴァ氏のピアノリサイタルにお邪魔
圧巻、天才ぶりに、みんな吸い込まれるように聴きいった。モスクワ音楽院出身で、現パリ.エコールノルマル教授。去年奥様と、二台ピアノでヤマハで弾かれた時もこんなに上手い人が世の中に居るんだと思った。
粒揃いのピアニッシモに対し床に音が叩き込まれるようなフォルテの、落差は、ラフマニノフやショスタコビッチの曲のダイナミックさを表し
一拍の中に多分20も30もの音を的確に入れこめるその目にも留まらぬ速さと力強さで、誰1人として寝ずに聴きいっている。努力は才能ある人には苦もなく出来る技なのか弾くことが楽しくてしょうがないといった感じ。来年の来日はピアノ好きな方、勉強中の方は、是非お聴き頂きたい。
←ここまで

とりあえず彼のマスタークラスのレッスンもレクチャー付き演奏会もリサイタルも全て大好評でした。
皆様の温かいご支援に感謝する共に、とりあえず無事全て終了で安堵しています。

孫に至っては、物凄く成長したように思います。
水泳は25メートル息継ぎをしながら泳げるようになったし、我慢出来るようになったし、、、
日本を発つ前にしっかりと抱きしめ、ホンノリ涙ぐみましたが、グッと涙を堪えて、また来るから大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせながら手を振って出国致しました。大人になったなあとババは感無量でした。

私に至っては、この2カ月、全てを彼らに捧げ、なんて良い親なんだろうと自画自賛して、これから母の見舞いです。
疲れた〜😁


  1. 2017/08/31(木) 10:24:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギグラ カツァラヴァピアノリサイタル





今年もいよいよギグラ カツァラヴァが来日致します。
お得とする曲ばかり選んだリサイタルですので、
かなり聞き応えのある演奏会になると思います。
どうぞよろしくお願い致します。
まだチケットあります。当日会場に足を運んで下さいませ。

今年はお天気不順。
梅雨に雨が少なく、猛暑も思ったよりも短く、
以外に早く秋を感じるこの頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

今年も娘と孫が7月に帰国したものの、日本の生活と風習に孫を触れさせたいと、娘たちは大忙し。
それに振り回された夏となりました。
年々歳を感じて、以前にも増して足が悪く、もう殆ど、家政婦状態でした。唯一楽しかったのは孫がこの1-2カ月の間でものすごく成長した事。
初めて大きな会場でピアノ発表会に出演して、
あまり上手ではありませんでしたが、オースチンの
「人形の夢と目覚め」を1カ月で弾いた姿にはよく頑張ったね。とババ馬鹿で絶賛しています。
それと孫の喘息を治すべく、水泳にも励み、
今クロールの息継ぎに挑戦しています。
フランスでは、泳法の指導がないので、どうしても息継ぎと習得させたかったようですが、子供の成長の早さには驚かされる毎日です。それに反して、こちらはガタガタですが、、、😅

とにかく、孫たちのベビーシッターのみで終えそうな今年の夏です😩😊




  1. 2017/08/16(水) 07:55:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風景画教室 3回目 白山神社



久しぶりの教室です。
梅雨入り初日、白山神社のアジサイを描きに行きました。
大きな紙だと重くて、負担がかかるので、F4の紙を持って行きました。
小さな紙は久しく描いてないので、どう構成しようか?と悩ましかったです。

今年は雨が少なくて、お天気続きでしたが、
この日に気象庁が梅雨入りを宣言しました。
というわけで、テレビ局が取材に来ていました。
隣で一緒に描いていた方が取材を受けていましたが、帰ってそのテレビを見ましたが、その方は出ていなくて、他にお参りに来ていた方が出ていました。残念!田舎育ちなので、そんなの初めて。興味深々😋ミーハーですね😁
  1. 2017/06/18(日) 00:40:18|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地、松本2





次の日、東京の方は大雨だったそうですが、
そこはそれ、晴れ女の異名違わず、雲ひとつない上高地でした。
午後からは少しだけ雲が発生しましたが、
暑くも、寒くもない素晴らしいお天気👍😊
よく絵画展に行くとここの絵を目にしますが、
実際はそれはそれは美しいところでした。
時期が早かったのかもですが人出そんなになく、ちょうど良い加減の人出です。外国人が多かったのには驚きました。
ソフトクリームも美味しかった❣️

絵はまだ作品とまで行きませんが、気持ちよく描けました。こんなに一日中絵を描けるなんて幸せな事でしょう。何にとはないのですが、感謝する気持ちがいっぱいの時間となりました。


⭐︎WaterFord F8
  1. 2017/06/14(水) 23:33:52|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地、松本絵画旅行



5月の半ば、絵の仲間に誘われて、松本と上高地に行きました。
一年前からの計画で果たして行けるかしら?と思っていましたが、同行の先輩方に助けられ、楽しい、絵に没頭できる時間になりました。
当初の予定では、安曇野でしたが、急激な低気圧到来との事で、急遽、松本に変更。初めて松本の街を散策しましたが、松本音楽祭なども企画されている地域。よく計画された美しい街でした。お菓子も、お料理も美味しかったです。
行った当日は、小雨交じりで生憎でしたが、それでも、傘をさすほどでもなく、松本城を資料館の入り口から描きました。雨に濡れてしっかりとはかけませんでした。

⭐︎Waterford F6
  1. 2017/06/14(水) 23:23:31|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風景画教室 第2回目 新宿御苑



今年は桜の開花が遅かった上に、咲いてから寒さがつづき、いつもは一瞬で終わる桜の満開時ですが、
その寒さが功を奏し、長い間楽しむ事が出来ました。
丁度入学式シーズン、子供たちも桜をバックに記念撮影を撮れたのではないでしょうか?
フランスパリのバカンス、今年はその時期だったので、日本に帰国された方も随分日本の桜を鑑賞できたのではと思います。
来年のパリのバカンスは、ずれるそうで、もっと遅くらしく、(地区に寄ってバカンスの時期がずれて、旅行の混雑を抑えたり都市機能を潤滑にしてるみたいですね)面白いシステムだなぁと思います。

さて今年はそんなわけで、新宿御苑の桜、単衣の色の薄い本来の桜をしっかり愛でる事が出来ました。
いろんな杞憂も忘れさす美しさに、我が絵は及びもつかないのですが、毎年この桜を描けた事に感謝。
どうぞ観てやって下さい。

☆Water Ford F8

  1. 2017/04/17(月) 11:38:23|
  2. 色鉛筆画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

fuefukisan

Author:fuefukisan
フルートと水彩画を趣味にするおばさんです。
フルートは地域のアンサンブルの会に所属。とにかく、邪魔にならないようそっと吹いています(^^ゞ
絵の方は初めて6年くらい。4年前から風景画教室で生まれてはじめて絵を習い始めました。
楽しい反面、何を目標として絵をえがいているのか、悩みもでてきました。
ただ、絵を描ける幸せもかみ締めています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する